カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

Genuineご利用ガイド|Guide

みんなのスマホのご利用方法/契約方法と返却方法について

みんなのスマホとは、30日単位でスマホ・タブレットが格安でレンタルできるサービスです

androidスマホ・iPhone・iPadなどの6つのラインアップからお選びいただけます

みんなのスマホ 責任者の声、開発者の声

みんなのスマホに関するよくある質問

iPhone7なら短期は980円!1年ずっと利用すると15%オフ833円に!

「みんなのスマホ」の開封、初期設定、返却まで動画で分かりやすくご説明します

中古スマホを再生するロジスティックスセンターのご紹介です

安心・安全の「みんなのスマホ」5つの誓いをご紹介します

キャンペーン実施中!iPhone7が980円でレンタルできます

みんなのスマホ 利用規約Terms and Agreements

利用規約

第1条 総論

1.「レンタルでみんながトクする みんなのスマホ」利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社携帯市場(以下「携帯市場」といいます)が運営する携帯市場レンタルのインターネットサービス(以下「レンタルサービス」といいます)の利用条件を定めたものです。会員は、本規約に同意のうえ、レンタルサービスを利用し、レンタルサービスへの申込みをもって本規約への同意とします。

2.携帯市場は以下の場合に、ネットショップの裁量により、本規約を変更することができます。
①利用規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき。
②利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

3.携帯市場は前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の10日前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を「レンタルでみんながトクする みんなのスマホ」のウェブサイトに掲示し、または会員のメールアドレスへ通知します。

4.変更後の本規約の効力発生日以降に会員がレンタルサービスを利用したときは、会員は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第2条 用語の定義

1.「レンタルでみんながトクする みんなのスマホ」とは、携帯市場が提供するアイテム、1)中古スマートフォン、2)中古タブレット、3)付属品をレンタルできるオンラインサービスをいいます。

2.「会員」とは本規約に同意の上、レンタルサービスを利用する者をいいます。

3.「商品」には当社が運営するレンタルサービスで扱うアイテム1)2)3)の全ての総称です。

4.「利用プラン」とは、「商品」に応じて会員が選択できる以下のレンタル料金形態をいいます。
①スタートアッププラン
②スタンダードAプラン
③スタンダードBプラン
④タブレットAプラン
⑤タブレットiPadプラン
⑥エデュケーションプラン

5.「30日間レンタル」とは、利用プランごとに30日間の単位でレンタル利用料を支払うサブスクリプションサービスです。

6.「付属品」とは、スマホカバー、電源ケーブル、オリジナルケースを指します。

7.「買いトレル」とは、レンタルサービス開始から7か月目より、利用中のレンタル商品の販売価格からレンタル利用額を差し引いた金額でレンタル商品を購入できるサービスです。販売価格とは「買いトレル」申し込み時の商品の販売価格を指します。

8.「返却期日」とは、会員が携帯市場が指定した「指定配送業者」に商品の引き渡しを行う日を指します。

9.「返却期限日」とは、会員から返却されたレンタル商品が携帯市場へ届く到着予定日の期限を指します。

第3条 レンタルサービスの内容

1. レンタルサービス希望者は、会員登録に必要な情報(画像を含む)および本人確認のために携帯市場が必要と判断した書類の画像を携帯市場へ提供するものとします。

2. レンタルの契約(以下「利用契約」といいます)は、会員が指定したレンタル商品を、携帯市場が会員に向けて発送した時点で本規約に則って成立するものとします。

3. 会員は商品の届け先を指定できます。ただし携帯市場の判断により指定できないお届け先と判断した場合、会員に対しお届け先の変更を依頼することがあり、状況によってレンタル契約をお断りするケースがあります。

4. 会員は自ら指定した配送先の情報に誤りがあった場合、配送の遅延が発生すること及び追加配送料金を会員が負担することを同意するものとします。

5. 会員は、到着した商品を速やかに確認し、もし破損・汚損、相違がある場合は速やかに携帯市場へ通知するものとします。

6. 会員は、商品の返却を希望するまでレンタルサービスを継続するものとし、携帯市場に返却された時点で契約は終了します。

7. レンタル中の商品がある場合には、返却を完了するまで他の商品の利用ができません。ただし、携帯市場が複数台のレンタルを認めた場合はこの限りではありません。

8. 会員は善良なる管理者の注意を払って商品を利用しなければなりません。会員は、レンタル商品の盗難、紛失、故障、破損(携帯市場が判断する大きなへこみ、大きな摩耗・傷)に対して責任を負わなければなりません。

9. 携帯市場が提供する商品は全て製造番号で管理されます。会員は、商品を改ざんしたり、商品を変更したり、商品を携帯市場の定める不当な目的で利用してはなりません。

10. 会員の過失により商品が盗難・紛失・破損した場合、会員は当該商品について、利用プランに定める販売価格と同額を損害賠償として支払うことに同意するものとします。

11. 会員の過失により故障、破損(携帯市場が判断する大きなへこみ、大きな摩耗・傷)によりレンタル商品に修理が必要な場合、会員は修理代金を支払わなければなりません。

12. レンタルサービスは申し込み者本人(会員)が利用するものであり、会員はレンタル商品を転貸してはなりません。ただし下記の場合は除くものとする。
①会員と親子または配偶者の関係がある場合
②会員が法人の場合で社員に利用させる場合

13. 会員は、携帯市場の都合により、商品の返却を求められる場合があることに同意し、その際には商品を速やかに返却しなければなりません。

14. 会員は、レンタル期間が半年を過ぎた場合、利用特典として1回のみ、傷、凹みまたは画面が割れた商品を無償で交換することができます。ただし水没による商品の故障または商品の基盤が故障した場合は対象外です。

第4条 利用資格について

1. 携帯市場は以下の各号の条件全てを満たした場合のみ、レンタル申込者を会員として登録します。
①本規約および諸規程に同意いただける方。
②日本(一部離島などの地域を除く)在住の方または継続的、長期的に日本に滞在される方。
③有効な電子メールアドレスをお持ちの方。
④本人名義または了承を得た家族名義のクレジットカードをお持ちの方。なお、同一カードでは、1アカウントのみしか登録できません。
⑤満18才以上の方。ただし高校生は除きます。
⑥会員登録時の必要事項の記入漏れや、記入内容に虚偽がない方。
⑦会員登録前に利用料金の支払いまたは商品の返却を遅延したことがない方。
⑧暴力団、暴力団構成員、暴力関係企業、総会屋、その他の反社会的勢力に該当しない方。
⑨その他、携帯市場による審査によって会員として適当と判断した方。
⑩会員または利用者が未成年である場合、レンタルサービス利用に関する一切につき親権者等の法定代理人の同意を得た方。
ただし未成年の会員がレンタルサービスを利用した場合、本規約を含め法定代理人の同意があったものとみなします。

2. 会員は自身のレンタルサービス用のアカウントを使用することで、商品を申込むものとします。

3. 会員は、1アカウントで1会員までとし、同一人物による別アカウントの発行はいたしません。

第5条 アカウントの管理について

1. 会員は、自己の責任においてアカウントを管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
当該アカウントが利用されたことを携帯市場が確認した場合、当該アカウントを保有するものとして登録された会員が本サービスを利用したものとみなします。

2. アカウントの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、携帯市場は一切の責任を負いません。

3. 会員は、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を携帯市場に通知するとともに、携帯市場からの指示に従うものとします。

第6条 サービス利用料金と支払い方法

1. レンタルサービスの利用料金は利用プランの記載通りです。

2. レンタル料金は月額前払いです。

3. 初期設定費用としてスタンダードプランは2,000円(税別)、それ以外のプランは3,000円(税別)が一律発生します。

4. レンタル商品が返却期日前に返送された場合でも、残日数分の料金払い戻しはありません。

5. レンタルサービスの利用料金は、クレジットカードのみで決済されます。一旦支払われた利用料金は理由の如何を問わず返金いたしません。

6. 携帯市場が必要と判断する場合、クレジットカード以外の適当な決済方法を通知する場合があります。

7. 携帯市場は会員からのレンタル申込時点で商品購入相当額の与信枠を確保する場合があります。

第7条 サービスの停止、契約解除について

1. 会員は、レンタルサービス利用期間の途中であっても、いつでも利用停止申請をすることができます。

2. 前項により会員から利用停止申請を受けた場合、携帯市場は、会員がレンタル商品全てを返却済みであること、未払い費用がないこと、返却不能な商品については商品に相当する金額を支払ったことを確認できた場合に限り、会員の利用停止を認めます。会員は、原則として携帯市場からレンタル中の商品をすべて返却しない限り、本サービスの利用停止をできないことに予め同意するものとします。利用停止の翌月分から、利用停止中の利用料金は発生しないものとします。

3. 会員は、本サービス利用停止中も、携帯市場及び第三者に対する利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償義務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。

4. 会員がレンタルサービスについて利用停止申請をして携帯市場がこれを認めた場合または携帯市場が次項に基づきレンタルサービスについて強制停止または解約させない限り、利用契約は、毎月1日に同条件にて自動的に更新されるものとします。

5. 会員が次の各号のいずれかに該当する場合、携帯市場は会員のレンタル商品の利用を停止させ、利用契約を解除できるものとします。
①登録情報が真実でないことが判明した場合
②会員以外の者(3条12項各号は除く)が商品を利用していることが判明した場合
③商品が会員以外の者に譲渡、貸与されたことが判明した場合
④理由の如何を問わず、商品が会員以外の占有下におかれたことが判明した場合
⑤会員が利用契約の履行が不可能な状態となった場合
⑥携帯市場が会員を音信不通と判断した場合
⑦会員が本規約の各条項に違反した場合
⑧携帯市場の都合により、商品の返却を求めた場合
⑨携帯市場が会員の商品の利用が不適切と判断した場合
⑩同一のクレジットカードで、複数アカウントの登録が確認された場合
⑪会員が第4条の利用資格を満たさないことが判明した場合
⑫登録されたクレジットカードが無効または利用不能となった場合
⑬会員がレンタルサービスを通じて、または携帯市場に対して違法行為を行った場合
⑭会員が他の会員に迷惑がかかる行為を行ったと携帯市場が判断した場合
⑮携帯市場が会員として不適当と会員を判断した場合

6.前項によりレンタル商品の利用が停止された場合、会員は利用停止通知日を受領した日から3日以内にレンタル商品を携帯市場に返却するとともに、残存する利用料金や補償金などの債務を直ちに携帯市場に対して支払わなければなりません。携帯市場は、前項の契約解除に起因して、会員が被った損害に関し一切の責任を負いません。前項に該当し携帯市場が損害を受けた場合、会員は第10条に定める補償金を支払わなければなりません。

7.携帯市場は、本サービス利用停止中も、会員に関して取得した情報を保有・利用することができるものとします。

8.利用停止中の会員が本サービスの利用を再開する場合は、その旨携帯市場に連絡または本サービス内でレンタルを希望する商品を申込む方法によるものとします。

9.利用再開後の利用料金は、原則として、利用停止後最初に予約された商品を携帯市場が発送した日(以下「利用再開日」といいます)から発生日から1か月単位として算定します。

10.支払い遅延又は支払い拒否により、一定期間経過後も会員から料金の支払いがない場合、携帯市場は発生している全ての債権を当社が委託する債権回収代行業者等の第三者を通じて回収する場合があります。その際は、委託費用、手数料等、回収にかかる一切の費用を会員が負担することとします。

第8条 配送料について

1. 会員の都合による商品の変更(故障による修理も含む)によって、商品返却時に発生する配送料は会員が負担しなければなりません。

2. 会員はレンタルサービスの利用プランを変更することができます。その場合の商品返却時に発生する配送料は会員が負担します。

3. 携帯市場は、レンタルサービスの利用期間が開始日から1年を経過した会員に対して、利用特典として1回のみスペックアップした商品とレンタル商品を交換する権利を付与します。商品交換時に発生する配送料は会員が負担します。

第9条 登録情報

1. 会員は、レンタルサービスの申込みにあたり電子メールアドレス、電話番号(SMS送信先としてのものを含みます。以下本条および次条において同じとします。)、住所、氏名、生年月日等の携帯市場が必要とする情報を登録するものとします。

2. 前項の登録情報に変更があった場合、会員は速やかに変更内容を自ら携帯市場に対して通知しなければなりません。

3. 携帯市場は、会員が前項の変更を怠った場合に生じた不利益または損害に関して、一切の責任を負わないものとします。

第10条 補償金

1. 会員は、以下の場合、各号記載の補償金を携帯市場に対して支払わなければなりません。商品は、携帯市場が提供する製造番号が合致したものを意味します。
①商品が破損し凹み・傷の修理が必要な場合、当該修理費用及び修理期間中に携帯市場が損失を負った金額
②商品の修理が不可能な破損・汚損が発生した場合又は紛失・盗難により商品の返送が不可能となった場合、商品の販売価格に相当する金額
③会員がレンタルサービスに登録した情報に誤りなどがあり商品が紛失した場合、当該商品の販売価格に相当する金額
④会員が宅配ボックスなど会員本人への手渡し以外の方法で受け取った結果、商品が紛失した場合、当該商品の販売価格に相当する金額
⑤会員のクレジットカードが無効となり携帯市場が定めた期限内に商品が返却されない場合、会員が商品を返却するまでの利用料金及び商品の販売価格に相当する金額または商品の修理にかかる金額
⑥会員の故意または過失により商品に破損・汚損・紛失が生じたと携帯市場が判断した場合、当該商品の販売価格に相当する金額

2. 前項の定めに従い、携帯市場において補償が必要であると判断した場合、携帯市場は、会員に対し、補償金の金額および返却手続きに要した費用を通知いたします。

3. 前各項の規定は、商品以外の損害に関する携帯市場から会員に対する賠償の請求を妨げるものではありません。

4. 携帯市場が必要と判断する場合、補償金、損害賠償その他の債務の弁済方法として、クレジットカード決済以外の方法を指定する場合があり、会員は真摯に対応するものとします。

第11条 禁止事項

1. 会員は本サービスの商品を以下の目的または行為で使用することはできません。下記に定める行為により携帯市場が損害を受けた場合、携帯市場は会員に対し、第10条記載の補償金を請求できるものとします。
①会員が商品を転貸または第三者に使用させること
②会員が商品を譲渡または質入その他の担保に供すること
③会員が商品の偽造品を製作すること
④会員がその他違法行為をすること
⑤会員がレンタル中の商品を、自ら修理すること
⑥会員がレンタル中の商品を意図的に破損し、汚損し、廃棄し又はそれらに類する行為をすること
⑦レンタル中の商品以外の商品を携帯市場に返却する行為又はこれを試みる行為をすること
⑧その他前各号に類すると携帯市場が判断する行為

2. 携帯市場は、会員以外の第三者が商品を使用した事実が確認できた場合、当該商品の占有状態に拘わらず、会員または当該第三者に対し、直ちに商品の返還を求めることができるものとします。この返還の請求に起因して損害等が発生した場合には、会員が一切の責任を負うものとします。

第12条 買取オプション(買いトレル)について

1. 買いトレルは、レンタル利用期間中に、会員によって適正な価格で商品を買い取れるオプションです。会員が商品の買い取りをしたいという意思表示を、専用フォームより携帯市場に申し込む事で手続きを進めることが出来ます。

2. 前項の申込みがあった場合、携帯市場は自らの規定に従い、会員の買取希望日までのレンタル料の支払い額に応じた割引価格を見積もり、会員に対しメールにて提示するものとします。

3. 会員は携帯市場がメールにて提示された価格を承諾することでレンタル中の商品を買い取ることができます。

4. 携帯市場が、会員が購入した商品に対して負う契約不適合責任は商品の購入から1年間とします。

5. 会員が買取った商品にメーカー保証はございません。

6. 買取り代金の支払いは、会員が登録しているクレジットカードから行われます。支払の完了後に商品の所有権は携帯市場から会員へ移転します。

第13条 個人情報について

携帯市場は、「プライバシーポリシー」に従い、個人情報に関する法令を遵守し、会員の個人情報管理・保護に努めてまいります。

第14条 本サービスの停止

1.携帯市場は以下の理由によりレンタルサービスを停止することができます。
①定期的又は緊急に、レンタルサービスのシステムの保守、点検等を行う場合
②火災、停電、地震、その他の非常事態により、レンタルサービスの提供が通常通りできない場合
③会員ページへのアクセスが集中して、一時的に受付などができないとき
④その他、携帯市場が必要と判断した場合
2.携帯市場は、本サービスの停止により、会員が被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。

第15条 著作権

1. レンタルサービスに関連してサイト上に掲載された情報、写真、その他の著作物は、携帯市場に帰属するものとします。

2. 会員は、携帯市場の著作物について、携帯市場の承諾を得ずに複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳を行ってはならないものとします。

3. 会員は、前項に定める著作権侵害の他、商標権その他携帯市場の知的財産権を侵害する行為を行ってはならないものとします。

第16条 準拠法、管轄裁判所

レンタルサービスまたは本規約に関する訴訟等は、すべて日本法を準拠法として、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることに会員及び携帯市場は合意します。

以上
2020年8月19日制定